制作会社 物語社
 
 

 
 



 
 

 お問い合せ
03-3999-5850
 受付時間
AM9:00〜17:30
お気軽にお電話下さい。
 株式会社物語社
〒176-0023
東京都練馬区中村北2-22-19-301

info@
monogatarisha.co.jp
 
 
 

 
 
 
     
   人はどんなときに『感動』するのか? ふとそんなことを考える。たとえば、小説でも感動する小説もあればそうでないものもある。オリンピックでも、感動を呼ぶシーンもあればそうでないシーンもある。感動するときにあって、感動しないときにないもの。それはなんなのか?

 こんな話を聞いたことがある。スーパーである。そこのオーナーは消費者を呼び込むために、子ども向けに小さい玩具をプレゼントをすることにした。一定金額以上の買い物をするとプレゼントがもらえるという仕組みである。
 そして当日。レシートを手にした家族連れが並び、大変な盛況ぶり。狙い的中である。しかし、であった。なんだかちっとも感謝されないのである。玩具を渡すと「もっとこっちの玩具がいい」「こんなチャチイのか!」など、文句ばかりなのだ。よかれと思ってやったのに、文句ばかりいわれてオーナーはずっかり意気消沈してしまった。

 1か月後、オーナーはまたもプレゼント作戦を敢行することにした。しかし、今度はちょっと違うやり方である。レジの後ろにプレゼントを隠しておき、小さい子どもがいる顧客が会計を済ませるまさにそのとき、プレゼントをとりだし「これどうぞ」と渡すのである。するとどうだ。
 「どうもありがとうございまず!」「こんなのいただいちゃって!」と、感謝の声が続出したというのだ。

 たとえば、我々がだれかの誕生目プレゼントを祝おうというとき、決して予告はしない。当日のギリギリまで知らん顔をし、不意にプレゼントを渡す。そのほうが相手が感動してくれることを知っているからだ。最初、スーパーのプレゼントが喜ばれなかったのも、あらかじめ予告してしまったことにある。

 予定調和は人に感動を与えない。意外性、不意打ちのほうが、人に感動を与えられるのだ。
 
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
     
 随時追加予定です。
 

 
   
 わかりやすさ+「おもしろさ」「感動」で会社を元気にすることを目ざす制作会社です。
会社案内など販促ツール制作の物語社。
ユーザーエリア:中野区、練馬区、杉並区、豊島区、文京区、中央区、渋谷区、台東区、渋谷区、新宿区、港区、荒川区、足立区、品川区、大田区、世田谷区、目黒区、北区、足立区、墨田区、江東区、江戸川区、板橋区、葛飾区、武蔵野市、三鷹市、西東京市、国立市、調布市、府中市、清瀬市、所沢市、和光市、新座市、戸田市
 
 
事業コンセプト/物語社の伝え方/「コトバ」にする/「デザイン」する/「社外に広める」/「社内に広める」/会社、商品案内/企業ドキュメンタリー/パブリシティ/CI構築/ご挨拶/会社案内/制作者たち/書籍・雑誌の編集/アクセス/お問合せ/プライバシーポリシー  
   
Copyright 株式会社物語社 All rights reserved.