制作会社 物語社
 
 




 
 

 お問い合せ
03-3999-5850
 受付時間
AM9:00〜17:30
お気軽にお電話下さい。
 株式会社物語社
〒176-0023
東京都練馬区中村北2-22-19-301

info@
monogatarisha.co.jp
 
 
 
 
 

 
 
 
 
   客単価が伸びない。つまり売上が伸びない。長年にわたってシェアを拡大を図ってきたが、商圏人口からみても、もはやこれが限界。『どこかに出店するしかない』と思っているオーナーも多いかもしれない。だが、その前にちょっと待ってほしい。客数が伸びないなら客単価のアップを図る方法があるではないか。

 客単価に関して、昔からよくいわれている格言がある。『客動線が長くなると滞在時間も長くなり、購入点数が増えて客単価がアップする』。つまり、お客を店の奥まで入らせて長く滞在させると、客単価が上がるというものだ。これは消費者行動を研究したことによってわかったこ法則だが、では、どうすれば滞在時間を長くできるのかというと、実はこれも消費者の行動原理を応用することで可能になる。

 例えば次のことがわかっている。『店内に入って早い時点で商品を買うと、客動線が長くなり、買い物点数が増える』。入口の段階で商品を購入すると、お客は早い時期に『買いに来た』という心の準備ができるので、それが呼び水となって店の奥へと足が向かい、滞在時間が長くなるというわけだ。エントランスにディスカウント商品を大量陳列をしているのは店が多いのはそのためである。

 そして、こんな結果もある。『消費者の80%は、店に入ってから購入商品を決めている』。つまりほとんどの人が非計画的に商品を購入しているというわけだ。このことから、マス媒体を利用した宣伝広告活動以上に、POPなど店舗内でのプロモーション活動の重要性がわかってくる。

 また、こんな報告もある。『誰かと一緒に来店すると客単価が上がる』。ダンナや子どもを来店させるためのフェアなどを開催することの重要性がこの事実から導き出されるわけである。

 消費者の行動に法則があるなら、それに合わせた店舗戦略が必要である。
 
     
   
   
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
 随時追加予定です。
 

 
   
わかりやすさ+「おもしろさ」「感動」で会社を元気にすることを目ざす制作会社です。
会社案内など販促ツール制作の物語社。
ユーザーエリア:中野区、練馬区、杉並区、豊島区、文京区、中央区、渋谷区、台東区、渋谷区、新宿区、港区、荒川区、足立区、品川区、大田区、世田谷区、目黒区、北区、足立区、墨田区、江東区、江戸川区、板橋区、葛飾区、武蔵野市、三鷹市、西東京市、国立市、調布市、府中市、清瀬市、所沢市、和光市、新座市、戸田市
 
   
事業コンセプト/物語社の伝え方/「コトバ」にする/「デザイン」する/「社外に広める」/「社内に広める」/会社、商品案内/企業ドキュメンタリー/パブリシティ/CI構築/ご挨拶/会社案内/制作者たち/書籍・雑誌の編集/アクセス/お問合せ/プライバシーポリシー  
 
Copyright 株式会社物語社 All rights reserved.